抜け毛を減らす育毛剤

抜け毛を減らすならどんな育毛剤がいいの?

最近抜け毛が増えた…抜け毛の増加はAGA(男性型脱毛症の別称。いわゆる成人男性のハゲ)や薄毛のサインです。 薄毛やハゲを防ぐためには、抜け毛が増えたと感じたら少しでも早く対処することが大切です。

本格的な治療を除けば、抜け毛を防ぐために最も効果的な方法は育毛剤です。
育毛剤の研究はここ数年で著しく進歩して、以前の育毛剤とは比べものにならないくらいに良くなりました。

とは言え育毛剤であればなんでもいいと言うわけではありません。
AGAや薄毛の前兆である抜け毛を減らそうと思ったら、抜け毛の原因を改善してくれる育毛剤を選ばなければなりません。
そのような抜け毛対策に適した育毛剤を毛髪科学と皮膚科学の観点からピックアップ、ランキングにして解説していきます。


抜け毛に効く育毛剤ランキング


イクオス


毛髪科学や皮膚科学の観点から考えて、現在市場にある育毛剤の中で、抜け毛を減らす効果が最も高いと考えられるのはイクオスでしょう。
2016年にはモンドセレクションを受賞して、世界的な品評機関からも認められたイクオスですが、抜け毛を減少させる効果も非常に高いです。

イクオスに含まれる主成分の一つであるオウゴンエキスには、抜け毛を直接防ぐ効力があります。抜け毛が増える原因には色々ありますが、成人男性の抜け毛の原因は、多くの場合が男性ホルモンと考えられています。
男性ホルモンの一種であるテストステロンは、頭皮付近に存在する還元酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質へと変化します。

ジヒドロテストステロンは脱毛ホルモンとも呼ばれていて、髪の毛の成長を休止させ、抜け落ちるよう指令を出すホルモンです。
このジヒドロテストステロンこそが、成人男性の抜け毛の最大の原因となっています。

ジヒドロテストステロンによる抜け毛を防ぐには、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐのが1番です。
育毛剤のイクオスに含まれるオウゴンエキスには、テストステロンと還元酵素が結び付くのを阻害する働きがあるために、抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

オウゴンエキスは最新の育毛剤に含まれる成分の中で、最も抜け毛防止に効果のある成分です。
それゆえにイクオスはあらゆる育毛剤の中でも、抜け毛を減らす効果が非常に高い育毛剤だと考えられます。

イクオス公式サイトはこちら


 


チャップアップ


チャップアップの抜け毛防止効果は、イクオスのそれと同等だと考えられます。
なぜならチャップアップもまた、オウゴンエキスを主成分にしている育毛剤だからです。

オウゴンエキスとはコガネバナと呼ばれる植物の根っこから抽出される成分で、抜け毛の最大の要因である悪玉男性ホルモンを抑制することで近年注目を集めています。
抜け毛を減らすために最も重要になるのが、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成数をいかに抑えるかです。

現時点でそれに最も効力を発揮する育毛剤成分が、コガネバナの根に含まれるオウゴンエキスだと言われています。
オウゴンエキスを含む育毛剤のチャップアップは厚生労働省から認められているだけではなく、抜け毛予防の最前線機関である日本臨床医学発毛協会からも推奨されている育毛剤です。

抜け毛を減らす効果で言えばチャップアップはイクオスと遜色ない育毛剤ですが、コストパフォーマンスの面においてイクオスに劣ります。
本体価格は数百円の差ですが、送料なども含めた総支払額で比べると、チャップアップはイクオスよりも1000円以上も高くなります。

内容成分や抜け毛に対する効果はかなり似通っている育毛剤同士なので、ランキングを付けるならやはりコスパも高いイクオスが上位ということになります。
しかし育毛剤には理論では説明のつかない相性というものがありますから、例え似たもの同士の育毛剤であっても、イクオスで抜け毛が減らないようであればこちらも試してみることをお勧めします。

チャップアップ公式サイトはこちら


 


プランテル


イクオスやチャップアップと比較すると効果はかなり劣りますが、数ある育毛剤の中では、プランテルは抜け毛を減らす効果の高い育毛剤の一つです。
抜け毛を減少させる有効成分は最新のオウゴンエキスではありませんが、やはり植物性エキスであるヒオウギエキスが使われています。

オウゴンエキスに高い抜け毛防止効果があると分かってからは使用されることは減りましたが、それでも未だに抜け毛を減らす成分として期待がもたれてます。
オウゴンエキスを配合しているイクオスやチャップアップが登場するまでは、プランテルが最も抜け毛を減らす効果の高い育毛剤でした。

育毛剤として公的にも広く認められていて、イクオスよりも1年早い2015年にモンドセレクションを受賞しました。
抜け毛を防ぐだけではなく総合的にも優秀な育毛剤なので、上位の育毛剤が合わないようであれば試してみる価値のある育毛剤です。



育毛剤を使うと抜け毛が増える理由

育毛剤を使い始めると、反対に抜け毛が以前よりも増えた気がする…そういうことが起こることがあります。
抜け毛を減らすつもりが反対に抜け毛が増えたとなると、慌てて育毛剤の使用を止める方がいらっしゃいます。
しかし育毛剤を止めるタイミングは、よく判断してから止めるようにしましょう。

と言うのも、実は育毛剤を使い始めてから抜け毛が少し増えるというのはごく普通のことです。
むしろこれは初期脱毛と言って、育毛剤が毛母細胞にしっかりと効いていて、新たな髪の毛が生え始めるサインなのです。

毛髪サイクルという言葉をご存知でしょうか?
髪の毛は永遠に伸び続けるわけではなく、2〜6年伸び続けた後は成長が止まり、その後数週間から数ヶ月で自然に抜け落ちます。

1度に全部の髪の毛が抜け落ちて無くならないのは、髪の毛1本1本で毛髪サイクルの周期と脱毛のタイミングが異なるからです。
AGAや薄毛が始まると、この毛髪サイクルの成長期がどんどん短くなります。

つまり髪の毛が十分に育つ前に抜け毛となるので、髪の成長よりも抜け毛のペースの方が早くなるのです。
その結果として抜け毛が進行して、部分ハゲや薄毛につながります。

では育毛剤を使うとなぜ抜け毛が一時的に増えるのか?
それは毛髪サイクルが乱れて成長期が短くなった髪の毛が抜け落ちる前に、次の髪の毛が発毛しているからです。

育毛剤が髪の毛の成長を司る毛母細胞を活性化させることで、髪が抜ける前に次の髪の毛が生え始めます。
新たに生えた髪の毛は、毛髪サイクルの乱れた髪の毛を押し出して成長していきます。

つまり育毛剤を使って抜け毛が増えるというのは、その分だけ毛髪サイクルが健全な髪の毛が生えてきているという証拠なのです。
育毛剤を使って少し抜け毛が増えた気がする…そんな時は少し様子を見て、新たに毛が生えるのを待ってみるといいでしょう。
ただし極端に抜け毛が多い場合や、頭皮に異常が見られる場合には、その育毛剤は合わないと判断して使用を止めるようにしましょう。